猫のマーキングと貧乏人の部屋の片づけ

わが家の次女にゃんはくせものです。

こころは一番優しいいい子なんですが、

いたずらと、おしっこの粗相はピカイチ。

こらっ!って言われるのは、90% 次女にゃんです。

でも、添い寝してくるのも次女にゃんです。

懲りない子なんですね。

無邪気というか。

ちょっとおとぼけ顔で、模様も独特。

見るからにチープな雰囲気の子(笑)

でも、その美人じゃないところもかわいいんですけどね。

いかにも、いたずらな顔をしています。

そんな次女にゃん、かご類も蓋がないと入ります。

猫は、みんな、かごや箱には一度は入りますよね。

しかし、この次女にゃん、自分の臭いを付けようとするんです。

メスなのに。

マーキングするんですよ。

私が大事にしているものや、よく手を伸ばしているものほど、やられます。

今後、我が家では篭は厳禁になりました。

引き出しも開けます。ほんの少しあけば、そこから入ります。

そして、寝ているだけならいいけど、ほかに新しい「入る場所」が見つかると、

それまで入っていたひきだしには、おしっこをします。

全部、ふたがついている。そして布製じゃないもの。

これが、我が家の収納する場所の必須条件になりました。

かごは、観音扉の奥以外は使えません。

押入れの布団も処分

布団にもされるので、押し入れの布団収納を不織布でできた収納ケースにしました。

しかし、やはり、そこにも、おしっこをされてしまいました。

捨てました。一度においがつくと、またやりますよね。

だから、押し入れも、ポリ系の蓋つきの大きな箱にしないといけません。

今、敷布団、全部やられてしまい、私は、ホットカーペットに寝ています。

カーペットに枕と掛け布団だけかけて。

齢60を過ぎた、いい年したおばさんが、こんな寝方して・・・・w

60過ぎて、カーペットに雑魚寝する人生になるとは、想像すらしてませんでした。

いっそ、寝袋でも買おうかと思うくらいです。

また、布団を買ってもやられそう。

不妊手術をすれば、おさまるといいますが、おさまらない場合もあるそうです。

やれやれ・・・でも、家族ですからしょうがないですね。共存していかないと。

ペットを飼うということは、こういうこと。

人間さまのシステム、都合で怒っても、猫の本能、生体からすれば、「しらんがな~」ですよね。

ベッドも処分してしまおうかとも考えますが、安眠できる場所もだいじだしなぁ~とか、

無限ループでまだ、迷っています。

今は、わんこの運動場兼お昼寝場所になってしまった、私のベッドです。

とりあえず、今月は、

布団カバー(おしっこ除け)を買うか、押し入れ用の大きな布団収納のプラ製の箱を買うか。。。

迷ってます。

超、ド貧乏のシングルシニアです。

とにかく、今は、ほんの少しのお金もかけないようにして、部屋の片づけをやるしかないんです。

失業後、ちまちまとした収入源で生きている、魔法使いのような杖をつくフリーターシニアなので。

いろいろ買ったりお金かけて処分し片付けるなら、もっと簡単なんだろけどね。

今、流行りのミニマリストさんのように、なにもなくなってしまうほど捨てる勇気はないんですよね~。

ただ、今の状態の中では、結構、処分する必要ありだと思ってます。

捨ててさっぱりしていくことで、必要なものとそじゃないものが明確に見えてきますよね。

60歳を過ぎた底辺に生息するシニアです。シングルで底辺生活であるがゆえの、今からしておかなければいけない準備も多々あります。部屋の整理、身辺の整理、終活にとりかかりました。賃貸シニアの素敵じゃない地味な暮らしですが、汚部屋の片付けをしつつ、犬や猫との引きこもりの静かな生活。引きこもり底辺60代の針仕事と節約と静かな日常。そして終活の記録です。趣味は動画編集と針仕事です。最近、興味があるのは食と健康。
投稿を作成しました 34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る