東京五輪より猫が心配

ここ最近、とても暑いですね。

東京オリンピックも始まったようですが、まったく観ていません。

オリンピックといえば開会式が楽しみというタイプです。しかし、今回のオリンピックは無観客。そして、もっとも楽しみにしていた野村萬斎さんの演出もなし、椎名林檎さんも関係しなくなった。

グダグダな組織委員会、人選の責任誰も取らない

まず、役職の責任もあるけど、実際現場で、人選した人そのものを処罰すべきだと思う。

それぞれ、国によってその国の特徴や誇れるものをご披露しつつの開会式閉会式だと思います。日本も同じようにその予定でした。ところが、どこの国のオリンピックかわからないような、日本色がグレードダウン(だいぶね)。わざと?としか思えないくらいひどいものになった様々なもの、こと。

そして、野村萬斎さんや椎名林檎さんが消えた。その変わり、いろんな「知らない人」が、その大事な式典のプロデュースに参加して、電通さんの仕切りなのかと、息のかかったような無名のお知らない人たちが現場に大勢入り込んで実際の式典を作り上げたらしい東京オリンピック、なにかといろいろ問題がでてますね。

日本の恥が世界に拡散された土壇場の辞任の人

ちょっと調べればわかるようなことまで発覚して、土壇場で担当辞任とか、どうなっているんでしょうか。ちょっと調べれば、すぐわかることを調べなかったというより、むしろ隠蔽していたといったほうが正しいと言わざる負えません。ばれないと思ったんでしょうね。

辞任した当人だけじゃなく、推薦した人たち、採用した人たちの脳が、どれだけはたらいていないかわかりました。

この時のために、4年間頑張ってきたアスリートたちには申し訳ないけど、私は、もともとそれほどスポーツ観戦しない(相撲以外は)おばさんなので、ごめんなさい。

きっと、いつのまにかはじまった感じは否めないので、いつのまにか終了してるんだろうと思ってます。開会式と閉会式のパフォーマンスだけが楽しみなおばちゃんです。

閉会式も見るだけ、ゲソッとしそうな予感がするのでみません。

この「日本人に生まれてよかった」と思えるような、感動的な、日本らしい演出がない五輪には興味ありません。なんとも陳腐。

ちらっとネットで見たのは、花火の打ち上げと、ドローンの地球儀と、孤独に踊る海老蔵さん。日本の名ジャズピアニストらしい女性の演奏。

花火だって、もっともっと工夫ができたはず。花火大会の花火より芸がなかった。

たぶん経費が赤字になるとかなんとか、色々理由があるんだろうけど、日本の政につく連中は、家計簿がつけられない連中だとよくわかりました。

どの演出も、4年に一度、世界中が注目する、そして、世界に向けての日本アピールにはなっていなかった

スポンサーがずいぶん抜けてるらしいので、かなり経費けずったんでしょうね。中抜きも小者たちが残ったのでしょう。

利権の構図が、ちょろりちょろりと露呈していた委員会。質素な開会式になったのは、コロナ渦での配慮ばかりではないのではないだろうか。

 海老蔵さんと陛下にほっとしたが、ちょっとお気の毒だった気も・・・

今回の開会式では、孤軍奮闘したのにライトアップも周りのセットも貧弱すぎた中での海老蔵さんの懇親込めた歌舞伎と、陛下の長時間にわたる姿勢のよい毅然とした態度。

「陛下のお言葉が前例と違う」ってそりゃ当然でしょう。なにかと屁理屈つけたがるマスコミ。

「祝う」という言葉を、今現在も世界中で苦しんでいるコロナ感染者や死亡した人のご家族、そして、自然か人災か微妙だけど、とにかく大雨による災害が続いている日本。他国。

https://www.sankei.com/article/20210723-FBVHSG44YJJZFAGA24NNFEZPDA/?outputType=theme_tokyo2020

そして、わたしは五輪より猫が心配

オリンピックより、先週の大雨の日からいなくなった地域猫が心配。地域猫といっても、同じ町内で出入り自由で飼っている猫。その猫は5年間、うちにごはんを食べに来ていたが、ずっと野良猫だと思っていた。あるいは飼い猫だとしてもごはんをもらえていない猫だった。飼い主はほとんどお手上げで、捨てるに捨てられず放置していたようだ。外が好きな猫は外に出すのは、猫にとってはいいでしょうが、近所には迷惑がる人もいるし、子供への危害や、ほかの猫とのけんかでけがからエイズをもらってくることだってある。里親募集でわざっわざ迎え入れた子らしい。

飼い主は、まるで顔見知りなだけの猫といわんばかりの態度で、まったく、いなくなってもかまわない口ぶりでした。私や、ほかのかわいがっていた近所の人たちと同じ立場であるというような雰囲気の話しぶりでした。そして、ずっといなかったわりには太ってたといって、うちとほか一軒が面倒見ていたことも、「あ、だからね~」と他人事。私たちと自分が同じベクトル上で猫を見ているかのような話しぶり。

私は、東京オリンピックより、台風の日からみかけなくなったあの猫のことのほうが気になってしょうがない。5日くらいは顔を見せない日もあったが、もう10日になる。そして、この猛暑。

誰かに虐待を受けた可能性

いなくなる数日前には、空気銃のような、ビビー弾のようなもので撃たれたんじゃないかというような形と傷口の深さの傷跡をつくってきた。虐待がしんぱい。しかし、飼い主は、あのようすでは、いなくなってほしいのが本音なのかもしれない。家には、まだ5匹いるらしい。みんな里親ボランティアから譲り受けた子たちらしいが放し飼い。

もう、ベランダのあの子のお皿とベッドは捨てたほうがいい?

冬の寒い日、雨の日用に、段ボールに毛布を敷いて、真冬はホカロンをいれてあげてた。

飼い主いわく、冬はガレージの箱に寝ていたという話。あれれ?

60歳を過ぎた底辺に生息するシニアです。シングルで底辺生活であるがゆえの、今からしておかなければいけない準備も多々あります。部屋の整理、身辺の整理、終活にとりかかりました。賃貸シニアの素敵じゃない地味な暮らしですが、汚部屋の片付けをしつつ、犬や猫との引きこもりの静かな生活。引きこもり底辺60代の針仕事と節約と静かな日常。そして終活の記録です。趣味は動画編集と針仕事です。最近、興味があるのは食と健康。
投稿を作成しました 34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る