訳ありで、年末年始は超節約のお正月

おせち?それっておいしいの?

もうそんなお正月を何年続けているでしょうか。

明けましておめでとうございます😊

今日は少し、おせちの想い出です。

昭和のおせち

幼い頃は、母がしっかりと4日くらい前から、おせちの準備をしていました。

伊達巻と卵焼きだけは、近くのお寿司屋さんに予約して作ってもらったものでした。

我が家のおせち

・昆布巻き
昆布巻きは、ゴボウ巻とワカサギ巻
・栗きんとん
白花豆のきんとんも作っていました。
これは父用の甘さ控えめ
・黒豆
黒豆の中に入っている赤いちょろぎが好きでした。
・筑前煮
・鶏手羽とゆで卵の甘辛煮
・川魚(小魚・ハゼなど)の甘露煮
数の子
・いくら
エビの塩焼き
・タケノコの煮物
・レンコンのゆず風味の酢の物
・ほうれん草の白和え
・こんにゃくとさつま揚げの煮物

そして、お寿司屋さんの伊達巻と卵焼き。

魚屋さんで買ってきた酢タコ、かまぼこ。

ああ、懐かしい♥

こんな感じでした。

昭和の三段お重は、たぶん、地方の違いはあっても、おおむね、こんな感じじゃないでしょうか。

昭和のお母さんの愛情おせち

昭和のお母さんたち、不便な台所で、よくこれだけのものをつくりましたね。

数日前から、ちゃんと3日分、しかも、お正月の来客が来ても、お出しできる分まで、大きな鍋で作っていました。

うちは、七輪を出して、外で、大きな鍋で、昆布巻きや小魚の甘露煮を作っていました。台所のコンロでは、食事の支度の度に、鍋を下ろさなければいけません。

 

当時だって、お店で買えるおせちメニューは、それぞれ揃っていました。しかし高いですからね。

だから、ひょっとして節約してたのかなと、今になって思いますけど^^

これは、あくまでも、私にとって遠い昭和のお正月の想い出の味です。

今では、そこまでそろえる余裕もないし、それほど作っても食べきれません。

現実の今のお正月

基本、もう20年近く、年末年始は、年越しそばと、お雑煮、せいぜい、買ってきた栗きんとんと、買ってきた伊達巻、買ってきた小魚の甘露煮。お財布と気持ちに余裕があれば、せいぜい、大根やレンコンの甘酢漬けをつくるくらいです。

なんか、寂しいお正月だなあとも思いますが、お正月がいつ来るかは解っているんだから、予算たてれば作れないことはないですね。

しかし、今年は、計画しても多分無理でした。

突発的な出費が8万円もあり、お財布は空っぽのお正月を迎えました。

お餅は、最高だったお正月

しかし、農家の幼馴染が、つきたてのあったかいのし餅を届けてくれたので、とっても美味しいお雑煮を食べることができました。

ひょっとして、ここ10~20年で、一番の贅沢なお正月だったかもしれないです。

次のお正月こそはと思うけど・・・

お正月早々、来年のことを言ったら、鬼が笑うと言われそうですが(昭和的思考w)

来年こそは計画的に、少量でもいいから、ミニおせちをつくりたいと考えています。

もちろん工夫節約しながらですが、作ることで、新たな年を迎える感謝を味わいたいです。

おせちを気張って豪華にお正月を祝う意味

おせちを食べるお正月を迎えることの意味のひとつとして、その年一年、食べものに困らないようにという願いを込める意味もあります。

精いっぱいの「食への感謝」とともに始まる日本のお正月。

だんだん簡素になってるけど、その気持ち忘れたくないですね。

鏡餅も買えなかった
今年は、小さな鏡餅も買いませんでした。体調悪くてスーパーまで歩けなかったという理由もありますが。。。寒い年越しw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ケセラセラな暮らしへ
にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA